ミッション
SHARE
クリックしてシェア
クリックしてツイート

「知識をマーケティングして」とは?

————————————————————————————————-
このコンテンツはダイレクト出版の社員に向けて書かれたものです。
————————————————————————————————-

 

From: 小川忠洋

ミッションにある
知識をマーケティングして」、、、
とはどういう意味かというと、、、

個人的に「知識」というのは
人の人生に最も影響を与えるものだと信じている。

それはどんな贅沢品よりも価値がある。
知識があるとないとで、人生は全く変わるし、、、
今の時代、専門知識で仕事をする人がほとんどだから、
その知識と言うのは、まさに仕事のキャリア、人生のキャリアすら変えてしまう。

だから知識や情報といったものはどんどん価値があがるが、
モノはどんどん価値が下がっている。

家電メーカーが苦戦するのは当然と言えば、当然のことかもしれない。
今の時代、TVの大きさが大きくなったからといって
幸せになるわけじゃないし、毎日の充実感は何も変わらない。

しかし、ちょっとした心理学の知識があれば、人間関係がうまくいったり、
ちょっとしたセールスの知識があれば、会社の業績が良くなったり、、、
などなどいろいろな変化がある。

知識こそ、人の人生に大きな変化、価値をもたらす商品ではないだろうか。

 

んで、「マーケティングして」というフレーズにはどんな意味があるか?

モノと違って、知識ってのは実は価値がよくわからない。
自分には何かの知識が欠けているとか、
この悩みや問題は、この知識があれば解決できるとかって、、、
実はとってもわかりにくい。。。

だから、マーケティングする必要がある。
マーケティングしてその知識の価値を伝えて行かない限り、
なかなか自然と広まって世界が平和、、、
みたいな事にはならない。

なので、そこにわれわれの役割がある。
知識を体系化して、それをマーケティングするのはウチの強みでもあるし、
何よりそれをやることに価値を感じる。

 

知識をマーケティングする」というのはそういう意味なのだ。

ブログの更新情報を
採用Facebookページで配信中

RECENT POSTS新着記事