カルチャー
SHARE
クリックしてシェア
クリックしてツイート

カルチャーについて

————————————————————————————————-
このコンテンツはダイレクト出版の社員に向けて書かれたものです。
————————————————————————————————-
 
 
「すごい良かったですぅ!」
 
先週、新人合宿があった。参加したUさんとすれ違ったので、話を聞いてみたら、すごく良かったとのこと。(女子っぽく「ぅ」ってつけてみた。)いろいろ事件もあったようだけど、2日間、濃密な時間を過ごして、一気に人間関係を構築できて、チームとしてはとてもやりやすくなったんじゃないかな。すごい良かったと思う。
 

特にウチみたいな、勤務時間・自由で、場所も自由、席もない、なんて環境だと、関係性作るのがより大変じゃん?(毎日、同じ島に同じ人がいたら、関係性作るのはラクだよね。)そんな環境だから、意図してやらないと、関係性の構築って難しいんだよね。それがウチの制度や文化の弱点でもある。

だから、合宿みたいに泊まりで、プライベートな話もできる環境で、一気に関係性が作れるってのは、素晴らしいと思うね。

 
 
プロフェッショナルな個人がつくる自由と責任
 

ただ、みんなに勘違いしてほしくないのは、そういう関係性作ることだけが、大切なワケじゃないってこと。ちょっとこないだ寺本さんとも話してたんだけど、ノリが良くて仲が良いのが強いチーム、強い組織じゃないってこと。

強い組織、強いチームというは、基本的に「個人として能力が高い」人間が集まらないとできない。個人として能力が高い人間が、人間関係を作って、チームワークをするから、強くなる。だから、能力が低い人間がいくら集まって、強い絆で結ばれてたとしても、そんなのは烏合の衆にしかならない。

 
だから、合宿はとても良いんだけど、あーゆーことでワイワイやるのがウチの文化だと思ったんなら、それは大間違い。ウチにある、昔からある文化は、むしろそういった表面的なこととは逆に「独りで自分の能力を高めるために黙々と努力し、技術に磨きをかけること」がメイン。プロスポーツのチームを想像してみたら分かる。一人一人のプレイヤーは、黙々と自分の技術を磨くために練習する。鍛錬する。そして、それができた上で、チームに入れてもらえる。そしてチームメイトと信頼性を確立して、チームを勝利に導く。チームで成果を出す。そういうもんっしょ。
 
   
筋トレも学習も1人で地道に積み上げるもの。
 
今、絶賛、大活躍中のH君も、そうだった。昔、何度か、大阪オフィスの隣のやよい軒でバッタリ会ったときも、20時くらいの晩飯の時間だったが、メシを食ったらスタバに行って、広告の勉強をすると。夜遅くまでしてから家に帰って寝るだけだと。そんな生活をくり返してるみたいな話をしてた。そういった積み重ねがあって、今の彼がいるわけよ。H君には申し訳ないが、何年か前までは、セールスライティングの技術がまだまだだと思ってた。でも、そんな生活を知ってたから、『かなり勉強してんのになんでだろうな』とか思ってた。そしたら、ここ数年で突然、ググググっと急激に伸びてきた。やっぱりあのときの積み上げが効いてるんだろう。
 
 

大前研一も昔、「晩飯を1人で食べてるようなやつが、将来活躍する」みたいなことを言ってた。

 

プロフェッショナルとは、努力してなるもの。

1人でホントにそれこそ、地道に地道に積み上げてなるもの。活躍してる人は、見えるところでも見えないところでも、人の何倍もの努力をして積み上げている。もしかしたら本人は、楽しんでて努力と思ってないかもしれない。けれど、他人からみたら狂っていると思えるくらいに打ち込んでいる。

かっこつけたがる先輩は、そういう姿を見せずに、おちゃらけてる姿ばっかり見せる。だから、要注意。みんな影で地道に努力を積み上げている。

 

 

自由と責任

責任を果たす能力を高めたものだけが自由を手に入れる。

   

 

チームで成果を出す

能力を高めたものだけが強いチームをつくれる。
強いチームは個人としてプロフェッショナルである人でつくられる。

ブログの更新情報を
採用Facebookページで配信中

RECENT POSTS新着記事