仕事
SHARE
クリックしてシェア
クリックしてツイート

ルーチンワークが本当の力

————————————————————————————————-
このコンテンツはダイレクト出版の社員に向けて書かれたものです。
————————————————————————————————-

仕事には二種類ある。ルーチンワークとプロジェクトワーク。
ルーチンワークは言うまでもなく、日々同じような事を繰り返す仕事。
プロジェクトワークは、何かのきっかけで始まって目的を達成したら終わる仕事。

ほとんどの人は、「ルーチンワーク」に対して良いイメージを持ってない。ルーチンワークって頭使わない、レベルの低い仕事、、、そんな風に思われていると思う、、、

一方で、プロジェクトワークは、目的に向かって、いろんな障害をクリアして、、ついに、やったーー!と達成感を味わう、、これぞ、仕事と言うように、、、思ってると思う、、、

 

が、これは根本的な勘違い。

偉大な仕事は、ほぼルーチンワークから生まれると言っていい。プロジェクトはもちろん爽快感はあるし、短期間だからかなりのストレスがかかって、それに耐えて、また鍛えられる、、という事があるかもしれない。

でも、基本的に人間は繰り返しやらないと何事も上手くはならない。そしてプロジェクトというのは、たいてい毎回、違う形を取るので、なかなか上達していかない。でも、ルーチンは、日々同じ形で、しかも毎日繰り返すような事。だから、あっと言う間に上達していく。

だから一般的に、誰でもルーチンワークの方が熟練した技術を持っている。

 

問題は、その熟練した技術をさらに高めようとしないところ。さらに高めようとすれば、ルーチンワークの技術はどんどん上達していって、誰も到達できないレベルにまでいける。

でも「ルーチンワークだ」と仕事自体を自分でバカにしてる限りは、ある一定のゾーンで熟練度は止まってしまう。だって、それ以上必要ないから。

 

スポーツで考えると分かるけど、プロのアスリートは、ルーチンワークを毎日毎日、一生懸命にやっている。そこで手を抜いたり、これくらいでいいや、というのはない。そんな事をしたら、自分はプロではいられなくなるのは、よーーーく分かってるから。

結局のところ「これくらいでいい」とか思って、自分に蓋をするのは自分自身だったりする。

 

アリストテレスはこんな事を言っていた、、、

We are what we repeatedly do…

自分が毎日繰り返していることが、自分自身となる。

本当の力は、毎日やっているいつもの仕事でつく。

ブログの更新情報を
採用Facebookページで配信中

RECENT POSTS新着記事