仕事
SHARE
クリックしてシェア
クリックしてツイート

使命感を持て

————————————————————————————————-
このコンテンツはダイレクト出版の社員に向けて書かれたものです。
————————————————————————————————-
 
 
高木君の書いたこの話、みんなにも読んでほしい。特に、新人には読んでほしいな。
 
 
このブログのタイトルにあるとおり、「目の前の仕事をがんばれない奴が、活躍できるわけがない」その通り。もう、40歳をこえたおじさんの経営者が「おっしゃる通り!」としか言い様がない(笑)
 
 
なぜかって言うと、若い人で、変なプライドを持っていると、仕事を選ぶような事をする傾向があるからね。自分が有能だと思っている人ほどその傾向は強い。例えば「これって、オレがやる仕事なの?」みたいなね。おれはもっと価値の高い仕事をした方がいい。その方が、付加価値も高いし、、、というロジックなんだろうけどね。
 

マネジメント用語でこれを、「幼稚なプライド」と呼ぶw

 
だけども、仕事ができる人ってのは、みんな、小さな仕事、些細な仕事、時には、意味の感じられない仕事にだって、常に全力を尽くしてきた人なんだよね。どんな仕事も、全力を尽くしてやれば、そこから学べるものはあるし、工夫できることはある。そして、全力を尽くしてやれば、技能がついたりする。誤解を恐れずに言えば、全く無意味な仕事だって、全力でやれば根性がつく。これ、マジの話だ。
 

全くの単純作業でさえ、「機械でやれば、時短になりますし、自分は違う仕事ができます。」「外注に出せば、これだけのコストがかかりますが、その時間で、こんな仕事ができます。」と提案することだってできる。

 
 
今、目の前の仕事に意味が、見いだせなかったとしても、全力でやってると技術がつく、仕事力がつく、そして、何年も後になって、その技術が役に立つ、なんて事がある。というか、人生ってそういうもんだよ。目の前の事に全力を尽くす人は、いろんな学習をして、心・技・体、マインドも技能も、ともに磨かれていく。
 
ところが、仕事を選ぶ人は、ある特定の仕事は一生懸命やるかもしれないが、ほかはやらない。結果、ある狭い領域での、技能しか身につかない。実際は、その領域の技能も、トップレベルにはいかない。なぜなら、全力で没頭してやる癖がないからね。癖っていうか、仕事の基準かな。
 
 
そして、仕事ってのは、誰かに価値を届けることなわけでね。
 
その価値を届け終わってこそ、仕事じゃん?その価値を届けるプロセスの一部しかやりませんよ、私は。ってのは、何なんだろうね?仕事って言えるのかな?
 
 
例えば、スタバで、コーヒーを入れるのが自分の仕事で、最大の価値貢献だから、テーブル拭く仕事とか、窓を拭く仕事はやりませんよ。って言う人は、どうなん?偉くなるのかね?その人の入れるコーヒーはマジでやばい、という品質だったとしても、、、どうなん???どんなにコーヒーが美味しかったとしても(本質的価値)、お客さんとして、その店、行きたいと思うかね???
 
フォワードだからって言って、敵に攻められてる時に、守らないってことないでしょ?ピッチャーだからって、バッターボックスに立たないってことないでしょ。プロスポーツ選手は勝つためにできることは、全部やるよね。仕事も同じ。価値を届けるために、できることは全部やる。
 
 
プロとして責任を持って、仕事をするんであれば、価値を届けることが目的なわけで、その目的のために、価値の中心的な、コアとなる部分の作業もあれば、中心的じゃない、部分の作業だってある。目的のためには、全部やらないといけないよね?それが分かってるかどうかじゃないかな。仕事をやり遂げる、価値をデリバーする、そのためにはどんな事もする、という使命感を持ってる人こそが、プロフェッショナルと言えるよね。
 
つまり、ベーシックスのプロフェッショナルである、というのは、そういった使命感を持つ、という事かもね。
 
 
高木君が26歳にもかかわらず、マーケティング事業部のリーダーをやってるのには、理由があるね。

ブログの更新情報を
採用Facebookページで配信中

RECENT POSTS新着記事