仕事
SHARE
クリックしてシェア
クリックしてツイート

失敗は許される。学ばないのは許されない。

————————————————————————————————-
このコンテンツはダイレクト出版の社員に向けて書かれたものです。
————————————————————————————————-

 

そういえば、ちょっと前に、PPCの広告が設定ミスで、300万円溶けた、、、みたいな話があった。マジかよ、、、と思ったが、ミスは誰にでもあることなので仕方ない。定期的にこの手のミスは発生する。実際、オレ自身も、ミスしないわけじゃないし。もしかしたら、世の中平均と比べたら、ミスが多いほうかもしれんし。

 

なので、だれがどんなミスしたかとかはどうでもいい話。(実際、おれは知らんしね。)普通の会社だったら、けっこう怒られるのは間違いないw。が、ウチは文化的にいろんな実験をしていかないといけないし、それを推奨している。だから、失敗をたくさんしないといけない。そのため、失敗そのものは、許される。それによって評価が下がるとか、何かが変わることはない。

 

だけど。タイトルにもある通り、そこから学ばないことは許されない。

 

そのミスや失敗から、何を学んだか?次にそれを活かしてなにをするか?どう改善するか?そういう事を考えないのは、許されない。だから、そういうのは、悪い意味でも怒らるべきだし、評価も下がるべきこと。

 

 

余談だが、こういったお金の失敗について考えてみた。

 

こういうお金のミスとか、会社のお金なので、あんまりその事態の深刻さが実感できないというのが正直なところじゃないかな。しかしだね。そこの『実感』が、できるかどうかは、大きな差になると思う。

 

起業家、経営者を目指す人には、特にそう。

 

ウチは、どちらかというと世間平均よりは、独立起業したいという人が多いとおもう。あるいは、経営者になりたいとか。そういう気持ちをもってる人の割合が多いと思う。

 

なので、あえてこういう話をしてるんだけど、起業家とか経営者ってのは、会社のお金、事業のお金と、自分のお金にほとんど差がない。会社のお金が減ったら、胃がキリキリと痛むもん。おそらく、みんなも、毎月の収支がまいなすで、自分の通帳の残高が毎月毎月、減っていったら、胃がキリキリ痛むはず。(おれも、昔、20代でバイトしてたころ、ナポレオンヒルの教材でローンを組んで、毎月マイナスだった頃には、日々、お金の計算しかしてなかったんじゃないかと思うくらいストレスだった。)

 

 

自分のお金だと、感情的な思いが結びついている。だから、お金の動きに感情が動かされる。

 

ところが、会社のお金だと、ただのデータになってないだろうか?100万円誤発注しちゃった(≧∀≦)みたいなノリになってないだろうか。会社はお金たくさんあるし、100万円くらい減ってもどうってことない。だから、テヘ、、みたいな。

 

現実は会社のお金も、自分の口座にある、お金も100万円は100万円。全く変わらない。会社のお金だけ、ビットコインなわけじゃない。ただのデジタルデータでもない。全く同じ、お金だ。

 

もちろん会社のお金は自由に使う権限もないし、通帳を持って管理しているわけでもない。だから、感覚が遠くなるのはわかる。だけども、感覚が切れちゃったらダメだ。会社のお金、事業で使うお金が、データみたいになったらダメ。そんなんでは、起業するとか経営者になるなんてことはできない。彼らは、感覚が切っても切れなくて困ってるくらいだ。(会社の資金の問題で夜も眠れなくなる。)

 

 

直接、お金(キャッシュ)の話だと、日々扱ってないからわからないかもしれないが、売上の話だったらよくわかるんじゃないかな。例えば、100万円の損を出した場合、どれくらいの売上が吹っ飛んだことになるのか?

 

100万円残すには、税引き前の利益で154万円必要だ。
(実行税率35%)
それに消費税が加わって、162万円か。

 

162万円の利益を残すには、売上でいくら必要か?それはシンプルに利益率で割ればいいんだけど、利益率が10%だったら、1,620万円の売上。5%だったら3,240万円の売上。超シンプルに考えるとこういうこと。厳密には、限界利益率や粗利率などで考えるのが正しいけどね。

 

粗利率が違うと、同じ売上でも利益が全然ちがうけどね。売上と利益ってのは、リニアに動かないから感覚がつかみにくい。(損益分岐点付近でのちょっとした売上の変動は、ものすごいインパクトがある。)ま、言ってる意味はわかるだろう。

 

 

100万円発注ミスったら、売上をさらにあげないと元に戻らない。500万円の売上、あるいは1,000万円、2,000万円の売上を立てるのに、どのくらいの仕事が必要だろう?そう考えると、(≧∀≦)テヘって訳にはいかんよね。みんなの場合、広告なんかで若いころから、結構な金額のお金を扱っているから、感覚が麻痺してるかもしれないので、気をつけて。

 

そういった、感覚を意識して持っていないと、会社のお金はビットコイン、あるいはカジノのコインになってしまう。そうなったら、どんどん仕事ができなくなってくる。

 

 

ちなみに、おれの場合、何か買い物するときに『10万円っていっても、税率が55%だから、22.2万円の給与。22万円の利益を生むには売上いくらだ?本だったら何冊売らないといけないんだ、、』と考えてもやもやしてしまう………

 

 

 

ま、おれの話は、さておき。忘れないでおこう。

 

会社のお金はコインじゃない。自分のお金と同じなんだ。

 

そして、そういった事で失敗しても良い。お金をムダにしても良い。でも、そこから学ばなかったら、、、終わりだよ。

ブログの更新情報を
採用Facebookページで配信中

RECENT POSTS新着記事