マインド
SHARE
クリックしてシェア
クリックしてツイート

教育の変化

————————————————————————————————-
  このコンテンツはダイレクト出版の社員に向けて書かれたものです。
————————————————————————————————-

 

From:小川忠洋

ウチの事業は知識を売るという事で、知識を売るという事は”教育”という事になります。
(売っただけで終わりでは教育ではないが、、)

最近、この教育とはどんなものだったか?
とかいう事を考えます。

学校でぼくらが受けた教育は、「教科書」をベースにした教室での授業でした。
その教科書は、その分野の専門家集団によって書かれて
教室は、それを理解した(?)教師によって生徒に教えられます。

考えてみれば、このような学校の教育方法が可能になったのは、
印刷技術が発展して「教科書」を大量に印刷することが可能になったからでは?

とすると、グーテンベルクの印刷技術によって
そのビフォー・アフターで教育というものにも革命的な変化があったんじゃないでしょうか。

 

印刷技術が生まれる前は、おそらく、近所の賢いおじさんが私塾などを開いて、
そこに子供たちが集まる、寺子屋みたいな形式をとってたんじゃないでしょうか。
(憶測で書いています。)

それだと良い先生の元で習った人は優秀になるが、
あんまりの先生の元で習った人はどれだけ才能があっても、
そこそこにしかなれなかったんじゃないでしょうか。

それを印刷技術が最高の知恵を全国統一して教えるという事を可能にしたんじゃないでしょうか。

当たり前に思えるようなこのような事も当たり前じゃなかった時期があります。

では、今現在はどうでしょう?

ぼくらがいる時代では、グーテンベルグと同じく比較される技術革新がおきています。

改めて考えてみると、その技術革新が
学校に統一教育と「教科書」をもたらしたようなインパクトをもたらす可能性は、
”ない”と考えるほうがおかしいんじゃないでしょうか。

 

もちろんそれは学校だけに限った事ではありません。

本当の学習は学校を卒業してから始まるもので、
社会人になれば、今現在のわれわれのフィールドでもあります。

どのような変化が起きるかはわかりませんが、
個人的にはビデオ・ベースの教育というものが普及すると思います。

iPadなどでビデオ研修を見てもらうと、明らかにその良さが分かると思います。

社会人にとって、教科書はもしかしたら一冊の「本」かもしれません。
教科書をもって教師が教室で教えるのと本をもって、専門家がビデオで教えるのは、
とっても似ていると思いませんか?

 

もし、このような学習方法が教科書で算数を学ぶことと
同じくらい当たり前になったら、世界が変わりますね。
そういった変化の担い手となる事業をしてるんじゃないかな?

そんな事を最近、考えています。

ま、こんな理想を持ちながら、目の前の仕事にベストを尽くしていきたいですね♪

ブログの更新情報を
採用Facebookページで配信中

RECENT POSTS新着記事