成長
SHARE
クリックしてシェア
クリックしてツイート

目の前の事に全力を尽くす

————————————————————————————————-
このコンテンツはダイレクト出版の社員に向けて書かれたものです。
————————————————————————————————-

 

伊達政宗は、『わからぬ将来のことを心配しているより、まず目前のことをする。』と言った。

この週末、社内報を読んでいたら、これと全く同じことを 西埜君(注;当月最も活躍したメンバーのインタビュー記事)が言っていた。これから将来の事って何が起きるか分からないし、自分のキャリアがどう転ぶかも分からない。だけども、そんな事に悶々と悩んでいるより、まずは、目の前の事に全力を尽くせ、と。

 

特に若いときは、悩むと思うんだよね。社会の事をまだあまり知らないわけだから、これからどうなるんだろう?これでいいんだろうか?って悩むもんだと思う。ただ、悩むことほど時間をムダにすることってないと思うんだよね。「悩む」のと「考える」のは、全く違うからね。ただ、若いときは、その考えるネタも少ないから、悩むんだろうけどね(^^ゞ

ただ、これから先の事を悩むってのは、何も若い人に限った事じゃないのよ。若い時ほど悩まないけど、オジさんだって悩む時はあるのさw

 

この先、どうなるか分からない。なんて、キャリアだけじゃないのよ。会社だってそうなんよ。

会社の将来、5年後10年後どうなってるか?なんて誰にも分からないのよ。ただ、経営者と若者の違いは、悩むんじゃなくて、考えて、考えて、考えて、目の前の事をやるってくらい。そして、悩むんじゃなく、自ら創っていく。

オジさんだって若者だって、目の前の事に全力を尽くしていれば、それが将来に繋がるもの。全力を尽くしていれば、どんな仕事からだって、その人の、その会社の「強み」が形成される。強みが形成されれば、その強みをもとに、別の事業をすることもできれば、別のキャリアを歩むこともできる。強みがなければ、何やっても中途はんぱで何もできないっしょ。目の前の事に、全力を尽くせなければ、強みなんて育たないよ。

 

事業だって、今まで、もっと良くしたい、もっと良いものつくりたい。もっと良いクリエイティブ作りたい。と思って、ずっとやってきたからこそ、今、クライアントに頼りにされるんであり、他社にはできない!と断言するような事ができるんだと思う。(おれはよくクライアントとの打ち合わせで「ウチと同じような事をやる会社はいくつかありますけど、同じレベルでできる会社は一社もありません」と余裕で断言してるw)

 

さて、7月は明日で終わり。
最後まで気を抜かずに目の前の仕事に全力を尽くそう!

ブログの更新情報を
採用Facebookページで配信中

RECENT POSTS新着記事