INTERVIEW

遠くだからインターンとして働けない――
そんな常識すらぶっ飛ばす
カルチャーが魅力です

小川貴史
インターン

働き出してわずか4ヶ月で
早くもキャンペーンを担当

長期インターンとして入社すると、最初は研修があります。基本的な会社の方針やベーシックス(Part4参照)から、タスク管理や仕事の進め方を学べる動画もあり、自分でどんどん研修を進めていく感じです。同期の人は学校が忙しく、ゆっくり研修を進めていたようですが、僕はすでにほとんどの単位をし終わっていたので時間に余裕があり、かなり早く終わらせることができました。それぞれの人の状況に合わせて研修のスピードが違っていいのも、働いている人を大事にしているからだと感じました。研修は終わったものの、事業部に配属されるまでには少し間があり、その間は「ダイレクト・アカデミー」という学習アプリを自由に使えたので、自分なりに勉強することにしました。配属までの時間を有効活用できたのもありがたいことでした。
僕の配属先は政経部門に決まり、まずは政治学者の先生方の理解を深めることからスタート。また、お客様がどういうことに関心があるのか、どういう悩みがあるのかも学びました。
インターンとして入社して4ヶ月、政経部門に配属になってから1ヶ月が経ち、「じゃ、キャンペーンを1人でやってみようか」と言われたときは、正直驚きました。「え? もう1人で?」と聞き返したくらいです。そんなに早く実務を任せてもらえて嬉しい反面、不安も入り混じったザワザワした感覚だったの
を覚えています。そのときのキャンペーンは先輩方からいろいろアドバイスをいただけたおかげで、成功と言える結果が得られました。

リモートで働くメリットとデメリット

先輩に「こう進めようと思うのですが、どうでしょうか?」とこまめに遠隔で仕事をしていると、どうしてもコミュニケーションが取りにくいというデメリットがあります。社内ではSlackというツールでやり取りをしているのですが、会社にいればその場で聞いてすぐ解決するようなことでも、Slack越しでは質問への回答にどうしてもタイムラグが生じてしまいます。返事がないと仕事を進めることができません。
でも、なるべくそういうロスがないように先回りすることはできます。僕が心がけているのは、今日1日のタスクを洗い出して、連絡を入れること。大まかな方針だけでも最初にコンセンサスが取れていたら、まったく違う方向にはならないので、後からの修正も微調整で済みます。
遠隔で働いてみて思うのは、「意外とちゃんと働けるな」ということです。むしろ、リモートでの働き方に魅力を感じています。
なぜなら、集中して仕事をしたいときは誰にも何にも邪魔されずに仕事に打ち込めるし、プライベートな用事があるときも都合がつけやすいからです。まさに「自由」を感じています。
ダイレクト出版では「自由と責任」という文化が根づいています。ただし先輩方を見ていると、「責任をしっかり果たしてから」自由を考えているようです。僕もそうなりたいし、サボろうと思えばいくらでもサボれるリモートでは、より大事な考え方だと思います。だからこそ、ストイックに仕事に打ち込んでいきたい。そして自分自身を成長させるために努力し続けたいです。

小川貴史
1997 年7月14 日生まれ。熊本大学4年生。長期インターンとして熊本で大 学生をしながらリモートで働いている。現在は政治経済事業部で主にスタン フォード大学フーヴァー研究所小川フェロー西鋭夫教授の商品を担当お客様の 不安や悩みを解決するための価値を正しく届けることに仕事の魅力を感じてい る。「よいものを必要な人に伝えられるようになりたいです」。