飯村 匡博

IIMURAMASAHIRO

飯村 匡博

2007年入社

  • ディビジョン・マネージャー

主体性を持って
頑張っていこうと思う人なら
色々な可能性やチャンスに
巡り合える会社

今の立場は?また、どんな仕事をしているのか?

自己啓発部門マーケティングです。

ダイレクトに来る前にどんな仕事をしていたのか?

セールス系の仕事をしていました。マーケティングという概念を理解していたわけではないので、一般的にセールスといわれる仕事に関しては、やっていた事があります。フリーター暦も長かったですし、バイト掛け持ちとかしていました。
大学生の時に、あるベンチャー企業のお手伝いをしていまして、その会社に就職したのですが、しばらくして自分のやりたいことをしようということで辞めたんですね。そのころには結婚もしていまして、家も持っていました。そこそこの収入を得ないといけないということで、不眠不休でいろいろバイトをしていた時期もあります。

最初の会社ではセールス関係、例えばテレアポとか飛び込みとかDMとか考えられる限りのセールスの仕事っていうのはある程度やっていたかなという感じですね。マーケティングとの出会いは神田さんの本でしたね。ただその時は、今みたいに勉強したり、極めようとしていたわけではなく、あくまでセールスの延長という感じに捉えていましたね。当時からそういう本とか読んでいたので、少しではありますが、さわりの部分はインプットしていたかなと。

過去の仕事の経験をどう活かしているのか?

変わった考え方だと思うのですが、全て学びと思っているので、いろんなところで何かしら今の仕事に活かされていると思っています。今やっている仕事とこれまでの仕事は異業種なので、具体的なスキルというよりも、経験が糧になって活かされていると言えますね。

責任ある仕事を任されている?

僕はとくに役職に就いているとかではないので、どこに責任があるかというと、やっぱり利益を出すっていう結果に対してですね。

会社の業績は?

伸びてますね、基本的には粗利を見ています。イメージでいうとインパクトがあるのはやっぱり売上がどうかってところですね。ただうちの部門に関していえば、できるだけ安定性というかビジネスで博打的なものじゃなくて、安定して伸ばしていくっていうことを一番考えているので、そういう意味では順調にというか堅調に伸びていってるかなとは思っていますね。

仕事の成果を正当に評価されているか?

正当に評価されていると思いますね。いろいろな会社があると思うのですが、社長の小川はそういうことを常に意識して組織づくりというか制度づくりをしてくれているので、他の会社と比べてということはあまりわからないですが、正当に評価してもらえる環境だとは思いますね。実際に、自分がそれだけの成果を出せばそれに伴って、お金のことも含めて色々な面でいい感じになってくるんじゃないでしょうか。

具体的には、自分の仕事に対してフィードバックをもらってその時に。フィードバックをもらえるということは、きっちりと見てもらえてるということだと思うんですね。仕事をしても何もフィードバックがなく、ただ単に毎日仕事をこなすだけじゃなくて、やったことに対してそれがもらえるっていうのは、きっちりと見てもらえてるんだなと思いますね。

ダイレクト出版に入って良かった点

主体性のある人にとっては最高の会社かなと思いますね。というのも、まだ日が浅い会社ってのもありますし、そこまでガチガチに制度が決まってるというわけでもないですし、社長の小川も、いいものがあればそれを取り入れようという人なので、自分が主体性を持って頑張っていこうと思う人だったら、いろんな可能性とかチャンスっていうのにめぐり合える会社かなと思いますね。

ダイレクト出版に向いてない方

どんな会社でも言えると思うのですが、不真面目な人はよくないんじゃないかな。最低限仕事が好きじゃないと結構つらいじゃないですか。いっても1日の大半仕事をするわけなので、今やっている仕事とか会社の考え方とかに同意できない人にはキツイかなと。
あとうちの会社はスピードっていうのが重要視されているところがありまして、確かに早いんですね。なので、ゆっくり仕事をしたい人にとっては嫌かもしれないですし、セールスに関していえば、常に向上心を持って取り組んでいる人が多いので、そういう雰囲気じゃなくて和気あいあいと楽しかったらいいじゃないというような考え方の方には合わないかもしれないですよね。
スピード感といいながらも、やるべきことを見極めてやっていくので、意外に上手く時間は使えていると思いますよ。結構みんないい感じに息抜きはできているんじゃないかなとは思いますけどね。時間に対してお金を払っているわけではなく結果に対してお金を払っているわけなので、その結果が出るところがどこか見極めていけば、最大限成果を出せる。というのがダイレクト出版の考え方です。

1日の流れ

7:00
起床、準備、移動
9:00
オフィス到着
10:00
ライティング
12:30
MTG
13:00
トレーニング(エクササイズ)
14:00
ランチ、昼寝
15:00
雑多な業務を行う
16:00
他部門メンバーと打ち合わせ、ライティング
17:00
トレーニング(セールス)、英語
20:00
帰宅、夕飯
22:00
英語字幕で海外ドラマを見る、翌日の予定、読書
24:00
就寝

実績紹介

  • セールス担当になる(自己啓発部門に配属)
  • EQ英会話をスタートさせる
  • 原田メソッドの販売開始

キャリアプラン

1年後
マネージャーとして成長している。
3年後
役員
5年後
同じ
10年後
リアルな学校(or 幼稚園)を作る。

RELATED STAFF関連する社員