山田 光彦

YAMADAMITSUHIRO

山田 光彦

2012年入社

  • ディビジョン・マネージャー

クリアできたり
ギリギリ無理だったりを
繰り返しながら
徐々にスキルを上げていく

今の立場は?また、どんな仕事をしているのか?

レスポンスのセールスライターですね。

セールスライターといってもセールスレターを書くだけが仕事じゃないんです。例えば、全体的なプロモーションを組み立てて、細部まで関わります。WEBの方にこういう風にしてくださいとか、決済のところをこうしてくださいとか、サポートどうするとか、お客さんに商品を提供する時どうするとか。

セールスライターとしての知識が判断が必要になるような、専門的な質問が来たときには、普通のサポートの方だと答えることができないので、僕らが答えたりとかもしています。

あとは、自社のセミナーに行ってお客さんから意見を吸収してそれをどういう風に反映しようかとかも考えてやっています。全般的にマーケティングをやっている感じですね。

セールルライティングとマーケティングは隣り合わせのスキルなので、社内的にはコピーライター=マーケッターみたいな感じはちょっとあります。セールスライティングで使う、お客さんがどういう心理で動いているのかっていう知識やノウハウをベースにマーケティングを組み立てていったりという形になるので、セールスコピーをほんまにゴリゴリ書いてる時もあります。

ダイレクトに来る前にどんな仕事をしていたのか?

ダイレクト出版に入る前は司法書士っていう法律関係の仕事をしていました。大学(建築学部)を卒業して、資格を取ろうと思って司法書士の勉強をして、それから司法書士の資格に受かってから司法書士の事務所にだいたい2年ぐらい修行みたいなことをしていました。それから自分で独立してやってという感じで、ダイレクト出版に勤めるほぼ直前までやっていました。

責任ある仕事を任されている?

心地よくいられる感じよりちょっと越えているくらいの重圧がかかっていますね。自分が成長しないと達成できないぐらいの重圧がかかっている感じです。仕事を任せてもらっているっていうのは、できるんじゃないかなって思ってもらっているということなので、まあ頑張ろうと思ってやっています。仕事の任され方としては基本はその繰り返しですね。クリアできたり、ギリギリ無理だったりを繰り返しながら、徐々にスキルを上げていって。というような状況をずっとやっている感じですね。

会社の業績は?

徐々にぺースアップしていると思いますね。今は特に粗利を意識してやっています。普通の会社だと売上が上がるとちょっとテンションが上がるっていうのがあるんですけれど、結局利益のところが大事になってくるので。まあ、ずーっと利益のことを考えているというよりも、これを売ったら利益が高いなっていうのをちゃんと売っていこうとか、そういう大きな視点で管理している感じですね。

といっても、お客様にとっていい商品があったら全面的に出していきます。そこはバランスですね。ずっとコピーとか書いてると売上の方に頭が行きがちなんですけれど、やっぱりお客さんとの関係が結局一番大事だっていうのは、結局行き着くところですね。

仕事の成果を正当に評価されているか?

ちゃんと評価されているとすごく感じますね。仕事を任せてもらえるっていうのもありますし、どんどんやっていいよという権限のところもありますし、もちろんお金のところもありますし、おそらく全面的に。

ダイレクト出版に入って良かった点

仕事が楽しいですね。それがパッと出てきたことです。長期的に考えると、セールスライターやマーケッターはずっとやっていくと自分が上手くなっていって、自分の能力が上がっていくことで市場の価値が高くなる思っていたので、すごく自分の価値観に合ってます。
長期的にもずっとやっていたいと思うし、短期的にも楽しいと感じるので、最高の職場です。セールスコピーとか勉強してるけど書ける場がないというお客さんの声も聞くので、書ける場があるのはラッキーやなって思っています。

ダイレクト出版のダメな点

もともとは完全に裏方の方がいい人間だったのですが、表舞台にでるようにもなりました。あまりガンガンいくのは、最初は「んー、、、」ていうところはありました。なので、司法書士をやっているときはホームページとかどこにも顔は出してないです。できるだけ避けたいと思ってました。
でもここの場では、そういうのはやっていかないと。特に始めはお客さんとの繋がりはインターネットしかないので、ちゃんと顔を出してます。別に変な事をしているわけじゃないので。ちゃんと顔を出して、「やってますよ」っていうのをちゃんと伝えるのは大事だなと。
そういうのが嫌だといえば、そういう道もあると思いますけどね。社内でもセールスコピーだけ書いている人ももちろんいるので。

ダイレクト出版に入社したい人へメッセージ

それはもう簡単ですね。うちのメルマガとかを読んでもらったりとか、商品を買ってもらって、なんとなくいいなぁと思ってくれている人はたぶん合うと思います。思ってるイメージとあんまり違わないんじゃないかなと思います。
あとは、マーケティングとかセールスライティングを頑張ってやりたいってのがあればもうそれで全然いいんじゃないかなと。たぶんすごくフィットするんじゃないでしょうかね。社風とかにも合うし、仕事の内容にもいいんじゃないかな。スキルが上がっていけば評価もしてもらえるので。
仕事の感じは、自営業をしている感じです。時間も自由で、仕事をきっちりやればいいので。なので、そういう価値観をもっている人の方がいいんじゃないかなという気がします。

1日の流れ

7:00
起床。子どもと少し遊ぶ。
8:00
自宅近くのオフィスで軽く運動。
ルーティーンになっているインプットやトレーニング。
ライティングなどの仕事を業務開始。
13:00
自宅に戻って昼ごはん。
14:00
チャット・メールの確認。電車でオフィスに移動しながら本を読む。
15:00
プロジェクトの進捗会議。
自部門のメンバーと打ち合わせしたり、レビューしたり。
他部門の人との雑談w(ちょっとした情報交換を兼ねて)
20:00
帰宅
21:00
夕食。嫁と話をする。趣味のバラエティ番組などのチェック、風呂など。
23:00
雑多な業務を行う。1日の振り返り(日誌を書いたり)。明日の予定決め。
26:00
就寝

実績紹介

  • 4年ほど前にダイレクト出版に入社。

    マーケティング部門に配属された頃は月商3000万〜4000万円程度の部門を月商1億超の規模に成長させる。現在【ザ・レスポンス】と【ストラテジック・プロフィッツ】を運営するマーケティング部門の事業部長を任されている。

    事業の成長のために具体的にやったことは…
    ・新規客から継続的に売上を上げ続けるシステムを作成
    ・既存のメイン商品の月当たりの売上を151万円から1,523万円に(たった5ヶ月で)
    などなど

    普段は…
    メルマガを書いたり、ポッドキャストを撮ったり、セールスレター書いたり、セールスビデオ作ったり、メンバーの企画をレビューしたり、部門全体の活動に参画。

キャリアプラン

1年後
自部門(マーケティング部門)の月商を2億に。
自分&自部門のメンバーのマーケティング、セールスライティングのスキルアップ。
レスポンスの商品力アップ。
3年後
新規事業担当
5年後
新規事業で年商10億〜20億ぐらいに
10年後
マーケティングやセールスライティングのスキルを活かして、日本の教育を革新するために色々やっている。

RELATED STAFF関連する社員