OUR MISSION

企業理念

優れた知識をマーケティングして、
顧客と自らの成長に貢献する

私たちが販売しているのは「知識」という商品です。
知識は現代における最も価値ある商品で最も顧客の人生にインパクトを与えるものだと信じています。

MISSION組織の目的と存在意義

MISSION 組織の目的と存在意義

今の時代、ほとんどの人は肉体労働ではなく、知識を使って労働をしています。デザインの知識、 営業の知識、パソコンでやってる仕事はみな知識を使った仕事です。仕事場だけでなく、日常生活でも、優れた知識があれば、幸福感が増したり、より良い生活を送ることができます。なので 私たちは「知識」を販売することで顧客の人生の質を上げます。また、自分たち自身をも成長させます。

しかし、どれだけ優れた商品(知識)だったとしても、それが適切に“マーケティング”されなければ、誰の手にもわたりません。そして、その知識がもつ本来の価値がこの世界に影響しないままに終わってしまいます。特に知識は、物理的なモノと違い、それが必要であるとか欲しいとかが分からないものです。なぜなら知らないもの、見えないものを必要だとは感じませんから。そこに、私たちの存在意義があります。つまり、優れた知識をマーケティングすることで、顧客の人生やこの世界に何かしらのインパクトを与えることができるのです。そして、その過程を楽しみながらやることで、私たち自身も充実した人生をおくることができます。

さらに、私たち自身も、商品としての“優れた知識”が大好きです。なので、自分たちの大好きな商品をがんばっていろいろ工夫を重ねて、マーケティングしていく。これが私たちのやり方です。

PROMISE関係者への約束

ステークホルダー優先順位

  1. 1.従業員、自分たち
  2. 2.顧客、クライアント

ここは、重要な関係者、つまりステークホルダーへの約束です。これは現在から将来にかけてこういう企業、組織を作るという約束です。重要なポイントは、各ステークホルダーには優先順位があり以下の通りであることです。

利害が対立した場合は、この優先順位により意思決定し行動します。もちろん基本的には全体の利害を一致させる第三案を探ることです。顧客よりも自分たちが優先することに関して、違和感があるかもしれません。

しかし、自分たちの関心を抜きにして顧客への奉仕だけを考えたとき、私たちは仕事を楽しむことができなくなり、パフォーマンスが落ちると考えます。そうなると、私たちの“良さ”や競争優位はなくなり、顧客は他社でサービスを受けたほうが良いという結果になります。なので、優先順位は自分たちが第一とします。

1.従業員への約束

会社にとって顧客へ優れた知識をマーケティングするために、最も重要な資産は、従業員です。なので、私たちは、従業員の成長のための機会を提供し、能力を最大限発揮できる環境づくりをします。そして、顧客に対して、より良いサービスを提供するため、従業員の関心を顧客の関心よりも優先します。例えば仕事より家族を優先できる環境を作ります。
公平性を持って、評価は、年功ではなく、成果や顧客や組織全体に対しての貢献で評価します。常に、お互いを一個の人として尊重、リスペクトし、最高のパフォーマンスを発揮できる環境をはぐくみます。

2.顧客への約束

私たちの顧客は2種類います。
1つは、知識商品、コンテンツを買ってくれる顧客。1つは知識商品、コンテンツを提供してくれるクライアント。
基本的な方針としては、どちらにも誠実で真摯な対応をすることです。そして、長期的な関係を築いていくことを目的とします。

顧客

  • • 質の高い独自性のある商品を提供します
  • • 本質的価値のある商品、便益に根拠のある商品を提供します
  • • 実際に使える実用的な知識を提供します

クライアント

  • • ブランド価値を下げずに認知を高めます
  • • 安定した売上を上げれるように努めます
  • • 長期的な関係を構築できるよう努めます(相手の価値観を尊重します)